ペット保険のトラブルと対策 - ペット保険加入で悩んでいませんか

スポンサードリンク

ペット保険のトラブルと対策

ペット保険の歴史は日本ではまだ浅く、ペットブームによって、も見直されて、注目されるようになりました。
ペット保険運営会社へのチェック機能も整っていなく、法律による規制もないのが現状で、これからの整備に期待したいところです。

ですのでペット保険は、様々なトラブルがあるのは事実です。
まずは、資料やカタログからペット保険の補償内容をきちんと理解することが大事です。

家族同様の大事なペットが病気や事故などになったら、動物病院診察してもらいますよね。
その際、飼い主は当然ペット保険に加入しているので、補償をしてくれると思います。

ところが、いざ保険を請求する段になって、補償対象外という事が発覚したりします。
結局保険金は下りずに高い医療費も返ってきません。

ペット保険の約款に目を通していれば、このような自体は避けられます。

そのペット保険会社に加入する前に、補償内容をしっかり理解することが本当に大切なことです。
また、人間の保険と違って、保険会社が破綻した場合のセーフティネットの整備は、まだまだ完全とはいえません。
日本で公的セーフティネットがあるのはアリアンツのペット保険とアニコム損保どうぶつ健保ふぁみりぃの2つだけです。

加入しているペット保険会社が破綻した場合は、当然それまでの保険料は戻ってこないでしょう。
加入する際の重要ポイントの一つは、会社の経営状態を把握することですが、その保険会社の加入者数も調べておきましょう。
また、保険料を年払いにせずに、すこし割高な毎月払いにしておくほうが、もしもの時に被害を最小限に抑えられます。

ペットブームからペット保険の必要性も高まっていますが、それにともなって悪質な業者も増加してきています。
入会金を振り込んだ後に全く連絡取れなくなったり、保険金の請求をしても全く入金されないなどのトラブルも発生しています。

入会金を払った後、連絡が取れなくなったり、還付請求をしてもお金が入金されなかったりするなどのトラブルが多発し国民生活センターに苦情が来た事もあったようです。

保険業法が改定されて、最近は悪質業者も姿をみせなくなってきましたが、やはりペット保険加入前には一度資料請求をして、すべてを読んでから判断されれば、安全なペット保険に加入できると思います。



スポンサードリンク

| TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバック
« ペット保険に加入できないケース  |  ペット保険加入の注意点とは »
Copyright © ペット保険加入で悩んでいませんか All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
マニキュアの歴史
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。