犬のペット保険の仕組み - ペット保険加入で悩んでいませんか

スポンサードリンク

犬のペット保険の仕組み

ペットの保険に皆さんは加入していますか?

犬と暮らす飼い主にとっては、元気に、健康で長生きをして欲しいという願いをもっています。
それには、日頃の健康チェックが大切ですが、もしもの時のために、かわいいペット達のためにペット保険について考えてみましょう。

犬は、ペットの代表格ですので、犬のペット保険を扱っている会社はたくさんありますので色々と調べる必要があります。
犬のペット保険の仕組みとはどういうものなのでしょうか。

犬の保険の場合は、犬の年齢だけではなく、体重によっても保険料が変わります。
3歳まで、4〜7歳まで、8〜10歳まで、11〜13歳まで、14歳以上というように分けているところがほとんどなのです。

そして、小型犬・中型犬・大型犬・特大犬と体重によっても分かれます。
例えば、1歳で加入した小型犬の場合は、ずっと同じ保険料ではなく、4歳になると保険料が見直されます。
次に見直しの年齢になるのは8歳になります。
そして11歳、14歳というように保険料が随時見直されていく仕組みになっているのです。
また、ペット保険会社によっては20歳11ヶ月まで契約を更新できるところもあります。これはうれしいですよね。

犬は、人間と違い「お腹が痛い」とか「頭が痛い」などの病気の時に喋ってくれませんので、気付きにくいときもあります。
人間なら顔色が青いなどと表情がでますが、犬はでませんよね。

飼い主さんがいつもと違う様子を察知してあげられるかが大事になります。

ほとんどの犬は、外に散歩に行くのが日課になっています。
私の家の犬のように散歩が嫌いというのもありますが。

外に行く分には危険もともないます。
いつ病気や事故に遭うかも分からないですよね。

そんな時に、ペット保険に加入していれば、安心して動物病院に連れて行けますし、犬も飼い主にとっても安心できます。

犬のペット保険に入っていれば、半額、もしくはそれ以上戻ってくるプランもあります。
愛するペットだからこそ、家族同様に育てたいですよね。
犬のペット保険に入っていれば安心して生活できるのではないでしょうか。




スポンサードリンク

タグキーワード
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
« 猫のペット保険で安心を  |  ペット保険の加入の検討 »
Copyright © ペット保険加入で悩んでいませんか All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
マニキュアの歴史
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。