傷病歴があっても入れるペット保険 - ペット保険加入で悩んでいませんか

スポンサードリンク

傷病歴があっても入れるペット保険

今日は一般の保険と同じく、ペット保険も公平性を保つことが保険というものである。
ということについて書きます。

本来、保険というものは健康な状態のうちに加入するのが条件であります。

これは、もちろんペット保険においても、同等のことがいえるのです。

最初にも書きましたが、保険という物は公平性を保つ事が第一なのです。
その点を踏まえて考えれば、当たり前の事といえるでしょう。

ですが、ペットの飼い主としては、通院中のペットにも保険を掛けたい気持ちがあるというのも、理解できなくはありません。

人間でもそうですが、その時にならないと保険の大切さというのは、どうしても気付きにくい物です。

しかし、やはり健康保険というものは、今ある病気に対して、気付いてから補償を受ける事は、どう考えてもおかしな話でしょう。

それを認めるということは、公平性は間違いなく無くなってしまいます。

ただ、「傷病歴があると、絶対に入れない」という訳でもないのです。

条件付きということになりますが、加入方法はあります。

例えば、治療中や観察中の疾患などについての補償を受けられない免責を了承すれば、保険料は変わらずに加入できる物があります。

これですと、その病気が原因で起こるすべての病気が、補償対象から外れることになります。

また、保険料が高くなる替わりに、健康体での加入と、同じ条件で補償が受けられるという物もあります(特体)。

これらは、どんな病気やケガにも対応しているという訳ではありません。

ペット保険会社は健康診断を受けた上での加入可能かどうかの審査をします。

もし、保険に加入についての詳細を知りたい場合は、希望の保険会社のカスタマーサービスなどで、問い合わせてみてはどうでしょうか。

最近はペット保険に加入する方も多くなってきましたね。

これも家族の一員という考えの表れともいえますが、やはり保険が利かない動物病院での治療は結構な金額になります。
備えておきたいペット保険ですね。





スポンサードリンク

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
« ペットに最適の保険選び  |  10歳から入れるペット保険 »
Copyright © ペット保険加入で悩んでいませんか All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
マニキュアの歴史
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。